病院では解決しなかった、自律神経失調症、起立性調節障害など自律神経のお悩みを根本解決!

自律神経整体 無為楽堂は、自律神経失調症、起立性調節障害、うつ、めまい、耳鳴り、頭痛、パニックなど自律神経のお悩みを、自律神経整体とアットホームなカウンセリングで、根本解決を目指します。(10回3ヵ月程度掛かります。)

愛知県豊田市にある、自律神経改善専門院です。

自律神経のお悩み

悩み

このような症状がございませんか?

・眠れない  ・寝つきが悪い  ・夜中に目が覚めてしまう  
・熟睡感がない  ・朝早く目が覚める ・体がだるい  ・疲労感が抜けない  
・不安感が出てくる  ・気分が落ち込む  ・気分の悪さ  ・めまい、ふらつき  
・頭痛  ・うつ  ・動悸  ・耳鳴り  ・耳が詰まった感じ  ・パニック  
・集中できない  ・自殺したくなる  ・心の緊張  ・体の緊張  
・息切れする  ・息苦しい ・過呼吸  ・呼吸が浅い  
・ほてり  ・吐き気  ・倦怠感  ・便秘  ・下痢  ・生理痛 
・焦燥感  ・微熱が続く  ・むくみ  ・冷え  ・不整脈  
・イライラ感  ・胃が痛い  ・胃の異物感  ・目の痛み  
・目の疲れ  ・目の渇き ・涙が止まらない ・胸の圧迫感  
・胸が苦しい  ・手足のしびれ ・ささいなことが気になる 
・やる気がでない ・胸や腹部の圧迫感 ・記憶できない

このようにお思いではありませんか?

  • 病院で検査しても異常なし、どうしたらいいの? 
  • 薬ばかり増えて全く良くならない、何故だろう?
  • 薬に頼りたくないけど、どうしたら?
  • 不安だけど、誰に相談したら?
  • このままではいけないと思う?
  • 根本的に解決したい!
  • 元気を取り戻したい!
  • 不安、心配から解放されたい!

こんな生活なりたいと思いませんか?

  • いつも元気でさわやか!
  • ぐっすり寝て、朝気持ちよく起きられる!
  • やりたいことやれる!
  • 人と楽しく話せる!
  • 遠くの旅行に出かけられる!

これらに当てはまるなら、自律神経整体 無為楽堂はあなたの為の整体院です。

これからその理由をご説明致します。

 

自律神経とは何なのか?

まずは、症状の原因について理解していきましょう。
そのためにはまず、自律神経についてご説明します。

自律神経の働き

自律神経は、生体活動を自動的に調整している神経です。
意識せず、自動的に調整しているから自律神経と呼ばれます。
さらに自律神経には主に2種類あり、一つは交感神経、一つは副交感神経です。

交感神経

交感神経は、fight or flight戦うか逃げるかの時の神経です。
危険を感じた時に発動します。
心身を興奮させます。

副交感神経

リラックスした時の神経です。
安全を感じた時に発動します。
心身を穏やかにします。

 

自律神経の形状

およそ0.23マイクロメートルと大変細い神経線維です。
主に脊柱から全身に張り巡らされています。
各臓器と繋がっています。

 

自律神経が乱れる、とはどういうことか。

バランス

自律神経は本来なら、交感神経と副交感神経が、外部の状況に合わせて、バランスをとって心身を調整しています。

しかし、何らかの原因によって、自律神経のバランスが取れなくなると、神経伝達に支障をきたします。

この結果、各臓器うまく働かなくなり、上記のような様々な不快な症状が出で来るのです。

 

 

自律神経が乱れる原因

現代の生活

自律神経が乱れる原因は、様々です。
複数の原因を抱えている場合が、ほとんどです。

身体面の原因

自律神経は脊柱がら伸びています。
脊柱周辺、特に首の筋肉が凝っていると、自律神経の神経伝達を阻害します。

具体例)スマホの見過ぎ、ゲーム、テレビ、パソコンの見過ぎ、運動不足、座り過ぎ、働き過ぎなど

心理面の原因

脳もまた神経の一部です。
心理面で緊張が続くと、交感神経が興奮し続けて、休まりません。
自律神経のバランスが崩れます。

具体例) いじめ、家族関係の悪さ、人間関係の悪さ、親しい人との死別、がんばり過ぎ、動き過ぎ、自己否定、自己卑下、人前での発表、脳に作用する薬など。

内臓面の原因

各臓器は自律神経によって制御されています。
よって各臓器のストレスは、自律神経を消耗させます。

具体例)食べ過ぎ、飲み過ぎ、お酒、タバコ、糖質や炭水化物の取り過ぎ、酸化した油、小麦のグルテン、乳製品のガゼイン、コーヒーやお茶のカフェイン、食品添加物、浅い呼吸、汚れた空気など。

環境面での原因

自律神経は外界からの刺激から、生体を守るために働きます。
過度に刺激され続けると消耗します。

具体例)温度、湿度、気圧などの急激な変化、日光や自然に触れない、電磁波、環境ホルモン、自動車、電車、エレベーターなどの乗り物、狭い場所、高い場所、人ごみなど

 

 

 

病院で解決しない理由

お手上げ

誤解されないでいただきたいのは、病院がすべてダメと言いたいわけではありません。

むしろ救急救命など病院でなければ、対処できないことはたくさんあると思います。

しかしながら、自律神経の問題に関して言えば、病院はとても苦手としていると考えられます。

その理由をご説明致します。

理由その1 自律神経そのものを測定できない。

自律神経そのものを測定できる機器は存在しません。
自律神経は、0.2~3 マイクロメートルという非常に細い線維です。
CTでもMRIでもレントゲンでも、捉えられません。

そのため、自律神経の働きそのものを客観的データとして扱えないので、お医者さんの主観で判断するしかなくなります。
西洋医学的な、科学的判断ができません。

消去法で自律神経の問題と診断されることが多いようです。

 

理由その2 5分診療

お医者さんはとても忙しく、患者さんを次から次へと捌かなければいけません。
そのため、一人当たりの診療時間がたった5分だったりします。
とても5分では、患者さんの心の状態や生活習慣まで考えることは出来ません。

薬を出して一時しのぎをするだけで、根本解決には至れないでしょう。

 

理由その3 自律神経科が無い

お医者さんはそれそれ専門の科を持っています。
内科、外科、循環器科とか精神科など。
自律神経科はありません。

お医者さんは自分の専門の科の部分に異常がなければ、異常なしと診断するしかありません。

例えば、耳鳴りでの原因が自律神経の問題だった場合、耳そのものに異常がなければ、耳鼻科は何もできない、ということです。

自律神経の問題は、複雑で多岐に渡る原因が考えられるので、心や生活習慣を含めた患者全てをチェックする必要があります。

 

 

理由その4 そもそも相談する所が違う

職場のパワハラやブラック労働が原因で、うつになった人がいるとします。
その人が、病院に行ってうつの薬を処方されて、飲みます。
原因である職場のパワハラやブラック労働が、無くなるでしょうか?

原因が無くならないのに、薬を飲んでハイになっても、うつが治るわけありません。

そもそも、相談する所が違います。
労働基準監督署、労働局、弁護士などに相談して、解決しなくてはいけません。
病院では、診断書を出して休職を勧めることはできますが、それまでです。
労働環境を改善しなくては、治りません。

これを勘違いして、病院に行っている方が大勢います。

 

無為楽堂が解決できる理由

それでは、無為楽堂でなぜ自律神経のお悩みを解決することができるのか?その理由をご説明致します。

理由その1 自律神経専門

餅は餅屋、魚は魚屋。

自律神経のお悩みは、自律神経のお悩み解決専門の当院にお任せ下さい。

豊富な経験から、自律神経のお悩み解決をトータルでサポート致します。

改善されたお客様の声はこちら

理由その2 再現性の高い施術

同系統の自律神経整体を行っている整体院が、多数存在しています。

どの整体院でも、自律神経のお悩み解決に成果を挙げています。

当院だけが特別というわけではありません。

つまり、再現性が高いのです。

ですから、あなたの自律神経のお悩みも、もちろん解決する可能性があるのです。

(同系統の自律神経整体を行っている全国の整体院の一覧→心身楽々堂のサイトへ

 

理由その3 傾聴

辛い気持ち、苦しい想い、聞いて欲しいですよね。

私がしっかり聴きます。

ただ聴いて欲しい、わかって欲しいだけなのですよね。

その気持ち、吐き出して下さい。

結果、気持ちが楽になるはずです。

40代女性
心の中でもやもやしていることを口に出すだけで、心が軽くなる感じがありました。

理由その4 アットホームなカウンセリング

身体面の原因だけを解決しても、症状が無くならないケースもあります。

心理面に大きな原因がある場合は、同時にカウンセリングも行います。

カウンセリングと言っても、難しく考えることはなく、アットホームな雑談と思って頂いて構いません。

その中で原因を炙り出すことと、解決のためのアドバイスをさせて頂きます。

10代男性
話を聞くのが上手で、自然と悩みを打ちあけることができました。

 

素材を生かす

料理に例えると分かり易いかもしれません。

病院は、器具や調味料をたくさん使って、素材の味を変えるのに似ています。

 

それに対して、当院は最低限度の手を加えることで素材本来の持ち味を引き出す、といったイメージです。
あなた自身が本来持っている、自然治癒力を引き出すのです。
職人

 

 

 

無為楽堂をご利用の際、ご理解して頂きたいこと

注意

もし、「無為楽堂で解決してみようかな」とお思いになられましたら、次のことをご理解下さい。

1、即効性はないこと

身体、心理の変化はゆっくりです。

じっくり時間をかけて、回復していきます。

一つの目安として、10回の施術、期間は3か月ぐらいです。

30代男性
通いはじめて最初はよくわからなかったのですが、5回すぎくらいから、頭痛、めまい、目の痛みが無くなっている事に気づきました。

 

2、好転反応

施術後に、だるさ、むくみ、筋肉痛、下痢、便秘、吐き気、動悸、胃の痛み、頭痛、不眠、過眠、不安感、イライラ、悪夢、金縛りなどや持っている症状が強くなったりすることがあります。
これを好転反応と言います。

好転反応は治癒するために、心身が起こす反応です。
あまり出ない方もいれば、強烈に出る方もいます。
9割方、下痢にはなります。

施術の序盤1~6回目ぐらいに出ることが多いですが、古いダメージですと10回目以降に出ることがあります。

悪化したのでは?と慌てずにゆっくり休んで経過させて下さい。

20代女性
悪くなると言われていた4,5回目あたりに本当にひどい症状が出て、それを乗り越えた6,7回目あたりからはほぼ治ってきているように感じた。

改善の図

 

3、体調の波

回復や好転反応には波があります。

右肩上がりで良くなる方もいらっしゃいますが、調子の良い日が続いたと思ったら急に悪くなったりする方もいらっしゃいます。

あまりその時の体調に一喜一憂せず、長い目でコツコツ改善させましょう。

40代男性
毎回施術をしてもらうたびに、色んな症状がいつもより強く出たりして、ほんとうに治るのかと不安になったりしましたが、10回程の施術後くらいから色々なところの症状が出なくなり、不安もきえ、体が楽になってきました。

 

4、主体性

人に何かしてもらうだけの態度では、改善は難しいです。

自分から解決するための、行動をして行きましょう。

生活習慣の改善、自己療法などアドバイスはしますが、実行するのはあなた自身に他なりません。

完璧にこなそうとしなくても良いです。

1ミリでも前に進もうとすれば、いずれ解決します。

自分の力で、あきらめずに前に進むことが大切です。

ステップバイステップ

 

まとめ

まとめです。

自律神経は、日夜あなたの健康を守ってくれていたのですが、身体面心理面のなどの問題によって、調子が悪くなり、様々な症状が現れています。

病院のお薬では、一時的に症状が緩和されても、根本的には治りません。

自律神経整体 無為楽堂は、自律神経の問題を原因から、根本的に解決して、症状の出ない健康な心身に戻すことをサポートします。

元気

 

 

院長からのメッセージ

ここまでお読み頂きまして、ありがとうございます。
最後に私からのメッセージを送らせて頂きます。

 

自律神経整体 無為楽堂を開院して以来、多くの自律神経でお悩みの方に接して来ました。
その経験から言えることですが、自律神経でお悩みの方は、皆さん真面目で一生懸命、がんばり屋さんが多いことです。
一生懸命頑張った結果が、今の辛い状態なら報われません。

 

私は、もっと幸せになって欲しいとつくづく思います。
そのためには頑張り方を変える必要があると思います。
時には、「頑張らない」という選択肢も有りだと思います。

 

そういう意味では、今のあなたの症状は、「生き方を変える良いきっかけ」になるかも知れません。
病気が視野を広げ、生き方を変える「気づき」を与えてくれているかもしれません。
実際そういう方もいらっしゃいました。

40代女性
全て自分が中心の考えだった事に後日気付きました。
身体も心も改善できた場所だと思います。

20代女性
病気は絶望やマイナスなものでなく、メッセージや人生のステップアップのヒントだと思います。

よろしければご一緒に、問題解決に取り組んでみませんか?

自律神経整体 無為楽堂 代表 中村 俊文 拝