テニス肘 ゴルフ肘

テニスをしている人が、肘の内側が痛くなる症状を俗に「テニス肘」と言います。

ゴルフをしている人で、肘の外側が痛くなる症状を俗に言うと「ゴルフ肘」と言います。

 

 

テニス肘はラケットを振る動作によって、前腕の内側の筋肉(尺側手根屈筋)が疲労によって過緊張となったために、肘の内側に起こる痛みです。

ゴルフ肘は、ゴルフのスイングの動作によって、前腕の外側の筋肉(腕橈骨筋)が疲労によって過緊張となり、肘の外側が痛くなります。

 

 

JTAフラッシュリプロ療法では、テニス肘は過緊張を起こしている尺側手根屈筋と小指球筋を促進して改善します。

ゴルフ肘は、うまく使えてない橈側手根屈筋と拇指球筋を促進して改善します。

 

 

他にもTFCC損傷(手首の痛み)なども、尺側手根屈筋と小指球筋を促進することによって解消できます。

お困りの方は、まずは動画のセルフケアをやってみて下さい。

それでも改善しなければ、ご来院下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です