起立性調節障害 焦燥感 14歳 男性

伊藤想真君

サボりだと思われるんじゃないかと怖くなり人と話すことも嫌になりました。

※「免責事項」こちらに掲載された事例やお客様の体験談は個人の感想や成果によるもので万人への効果を保証するものでないことご理解ください。施術による効果には個人差があります。

伊藤想真君 14歳 男性 中学生

どのようなことでお悩みでしたか?

2月下旬ごろにこの病気にかかり、そこからだんだん学校に行けなくなりました。

この病気は体の表面に出ることがあまりないので、サボりだと思われるんじゃないかと怖くなり人と話すことも嫌になりました。

水をたくさん飲んだり、運動したり、色々な対処をしてきましたが、あまり効果はありませんでした。

 

 

無為楽堂で施術を受けて、いかがでしたか?

僕は効果をすぐ感じることができました。

それまではどんどん悪化していくばかりだったので、「ああ、やっと治るのか」という安心感を得られました。

一ヶ月半が経つころには朝起きられるようになりました。

 

 

無為楽堂の良さは何ですか?

無為楽堂の先生は話を聞くのがとても上手で、自然と悩みを打ちあけることができました。

そうすると、整体の施術を受ける時も信頼感でリラックスでき、一段と効果を感じました。

 

 

同じようにお悩みの方へ、励ましの言葉をお願い致します。

前までは一日中起きられない日もありましたが、今では普通に学校に行けています。

僕がここまで回復できたのは、無為楽堂さんのおかげです。

大学生まで治らない事もあるそうなので、行ってみる価値はあると思います。

 

伊藤想真君感想

 

光を浴びる為のライトやサプリメントも数種類試したものの変化はありませんでした。

伊藤君の母 48歳 女性 主婦

どのようなことでお悩みでしたか?

中学2年の息子が、今年の3月頃(半年前)から朝具合が悪くて起きられなくなりました。

総合病院で検査したところ「起立性調節障害」と診断され、血圧を上げる薬が出されましたが、どんどん悪くなっていくばかりで、1ヶ月過ぎても変化がない為、心理カウンセラーの先生のカウンセリングを受けるように病院からすすめられましたが、効果はありませんでした。

光を浴びる為のライトやサプリメントも数種類試したものの変化はありませんでした。

 

 

 

無為楽堂で施術を受けて、いかがでしたか?

7月初めの1回目の施術時、今よりももっと眠るようになると言われた通り、2回目の施術後くらいまでは1日20時間くらい眠るようになり、夜の10時頃にやっと体調が回復する状態でしたが、6~7回目くらいから、午前中に起きられる日もでてきました。

9回目の施術が終った数日後に、2学期の始業式だったのですが、1学期はほとんど学校に行けていなかったので、朝から行くのは難しいと思っていたのが、2学期は3日お休みしただけで、あとは朝から行けるようになりました。(9/19時点)。

大好きな部活にも参加できるようになりました。

 

 

無為楽堂の良さは何ですか?

先生が息子の話しを丁寧に聞いて下さって、息子も先生を信頼しているようで、施術の日を楽しみにしています。

私も子どもの話しを聞くようにしていたつもりで、本を読んだり勉強していたのですが、先生と息子の会話を聞いていると、息子が言葉足らずだったり、内容がよく伝わらないような話しをしても「いいね」「おもしろいね」と肯定して聞いて下さっているので、私も親としてとても勉強になります。

息子もこちらでお世話になってから、自ら目標を立て、前向きにがんばれるようになりました。

 

 

同じようにお悩みの方へ、励ましの言葉をお願い致します。

息子がこの病気になってすぐに、こちらのHPを見つけたのですが、病院にも通っていた事もあり、迷っているうちに4ヶ月程過ぎてしまいました。

今思えば、あの時すぐに来ていればと思います。

「起立性調節障害」の本を読むと、治るのに何年もかかるような事も書いてあり覚悟していたので、こんなに早く朝から学校へ行けるようになるなんて本当に有難いと思っています。

迷っているなら是非1度来院される事をおすすめします。

 

伊藤君おかあさん感想

 

 

院長よりひとこと

伊藤想真君とお母様
ご感想ありがとうございます。

想真君は、朝起きられない、頭痛、だるさ、手足のしびれ、めまい、焦燥感などでお悩みでした。

身体的には、首、肩、胸郭、背中、腰などに筋肉の過緊張がありました。

精神面では、とにかく真面目だけど、加減ができず、悶々としていました。

 

序盤で、20時間寝るほど過眠が出て、下痢、頭痛、気持ち悪さと好転反応が現れました。

悩みというより、思考の混乱が多く、カウンセリングが長引いて、1時間以上話す時もありました。

後半8回目くらいから、朝起きられるようになり、10回目の頃には何とか学校に復帰できるようになりました。

 

想真君はサッカー部でゴールキーパーをしており、熱心に練習していました。

しかし、過度な筋トレ信仰があり、室伏広治を崇拝している状態でした。

 

成長期で骨格が充分に拡がってない状態で、筋トレし過ぎると骨格が歪んだ状態で筋肉が付いてしまいます。

これが、不調の原因のひとつとなります。

骨格が充分に完成されるまで、過度な筋トレは控えるべきでしょう。

 

精神面でも、自分を追い込み過ぎることはストレスになり、交感神経を刺激し過ぎることになります。

人生は長いです。

先を見据えながら、無理のないペースで進むことが、結局近道になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です